ドバイに移住する条件。7種類のビザを取得する基準をそれぞれ解説

ドバイでは住民税や所得税を納税する必要がありません。節税のためにドバイ移住を考える方も多いのではないでしょうか。ただし、ドバイへ移住するにはビザが必須です。本記事ではドバイに移住するための条件と、7種類のビザの取得方法がわかります。
ドバイのビザの相談はLINEから

ドバイ移住の条件はビザを取得すること

passport

ドバイに移住する条件は、以下の7種類のビザを取得することです。それぞれのビザのメリット・デメリットは、以下が挙げられます。

ビザの種類 メリット デメリット
不動産ビザ 家族にビザを発行できる 就労や法人設立はできない
投資家ビザ ビザを取得するのに必要なコストが安い FZ以外に法人を設立する場合は、ライセンスによってUAEの資本が51%以上必要
就労ビザ ビザ申請にかかる費用は、企業が支払う 離職するとビザが停止する
リモートワークビザ 日本の会社で働いていてもビザを取得できる 有効期間が1年のみ
退職ビザ ドバイに5年間滞在でき、更新も可能 月20,000AED以上の継続的な収入が必要
ゴールデンビザ 10年間ドバイに滞在可能 ビザを取得するハードルが高い
家族ビザ スポンサーと同様の期間、ドバイに滞在可能 妻が夫のスポンサーになれるかは交渉事項

ドバイ移住に必要なビザを申請する条件

passport

ドバイに移住するには、ビザを取得する必要があります。本章では、ビザを取得する条件をそれぞれ解説します。

不動産ビザ

不動産ビザはドバイで不動産を購入すると取得できます。ビザの有効期間は2年です。ビザを取得するための主な条件は、75万AED以上の不動産を購入・所有することです。

2年間の不動産ビザを維持するには、6ヶ月に1回ドバイに入国しなければなりません。ビザは不動産を所有している限り維持されます。

投資家ビザ

投資家ビザとは、ドバイ法人の所有者か株主になると発行できるビザです。起業家はフリーゾーン、またはメインランドというエリアに法人を設立できます。外資100%の場合は、フリーゾーンに法人設立できます。メインランドに会社を設立する場合、ライセンスによってはUAEの資本が51%以上必要です。

投資家ビザの条件は、フリーゾーンによって異なります。フリーゾーンで起業した場合、法人の代表者や社員はドバイに3年間居住できます。メインランドだと投資家ビザは2年間有効です。

就労ビザ

就労ビザは、ドバイの法人に就職すると取得できるビザです。就労ビザの更新期間は雇用契約に応じて1年または2年です。ドバイの企業に雇用されている期間は、ドバイに居住できます。

就労ビザを取得するには、まずスポンサーとなる雇用主を見つけなければなりません。雇用主が就業許可証を申請したあと、従業員はドバイの就労ビザを取得する手続きができます。

リモートワークビザ

リモートワークビザは、月収5,000米ドル以上のリモートワーカーが申し込めるビザです。リモートワークビザを保有している期間は、UAE外の企業で働きながらドバイに住めます。ドバイに居住できる期間は1年間です。リモートワークビザを取得する際は、残存期間6ヶ月以上のパスポートやUAEで有効な健康保険などが必要です。この他、以下の書類の提出が求められます。

会社員

  • ・雇用契約書
  • ・月収5,000米ドル以上である証明書
  • ・過去3ヶ月間の銀行取引証明書

事業主

  • ・会社を所有している証明書
  • ・月収5,000米ドル以上である証明書
  • ・過去3ヶ月間の銀行取引証明書

退職ビザ

退職ビザは、一定の条件を満たす55歳以上が保有できるビザです。退職ビザの有効期間は5年です。ビザの申請条件としては、主に以下が挙げられます。

  • ・月20,000AED以上の固定収入
  • ・100万AED以上の貯蓄
  • ・100万AED以上の不動産を所有

ゴールデンビザ

ゴールデンビザは、10年間有効の長期滞在ビザです。主に投資家や起業家、200万AED以上の不動産を購入して所有した方などがゴールデンビザを取得できます。

ゴールデンビザのメリットとしては、UAE以外に6ヶ月以上滞在できることです。不動産ビザや法人ビザの所有者は、6ヶ月に1回はドバイに入国することが必要です。他のビザに比べてドバイ国外の滞在可能時間が長いので、日本に長期間いる方に向いています。
関連記事:ドバイのゴールデンビザとは?取得できる条件を属性ごとに解説

家族ビザ

家族ビザは、ドバイの在留ビザを保有している方が、家族の居住を後援するためのビザです。不動産ビザや法人ビザ、ゴールデンビザを保有する投資家や経営者は、家族ビザを申請できます。家族ビザの期間は、在留ビザを保有しているスポンサーと同じです。妻や子供のスポンサーになるには、以下の書類を提出する必要があります。

  • ・申請フォーム
  • ・パスポートのコピー
  • ・顔写真
  • ・健康診断証明書
  • ・雇用契約書または会社契約書のコピー
  • ・スポンサーの給与証明書
  • ・結婚を証明する書類
  • ・賃貸借契約書

なお、スポンサーには4,000AED/月以上の給料、または3,000AED/月+居住費が求められます。
参考記事:U.AE|Residence visa for family members

ドバイ移住に必要なビザを取得する場合は「JCME」がサポートいたします

JCME GROUP

ドバイに移住する条件は、各種ビザを取得することです。ドバイのビザでおすすめなのが、不動産ビザや投資家ビザです。ドバイはタックスヘイブンなので、不動産投資や事業で得た収入が非課税になります。しかし、ドバイでビザを取得する手続きは簡単ではありません。

そこで利用できるのがJCME GROUPです。JCME GROUPでは就労ビザ・投資家ビザ・不動産ビザ・リモートワークビザの取得をサポートします。ドバイ移住を考えている方は、ぜひJCME GROUPにご相談ください。
ドバイのビザの相談はLINEから

ドバイ人の家族

ドバイのゴールデンビザとは?取得できる条件を属性ごとに解説

Trip.com Japan勝瀬博則氏

株式会社Trip.com Japan名誉会長の勝瀬博則氏がアドバイザーに就任

資料請求・お問い合わせ LINEでお問い合わせ